インターネット銀行のデメリット

インターネット銀行のメリットについては既に述べましたが、その反面に、利用する際に気をつけなければならないデメリットもあります。そのデメリットについて述べていきたいと思います。

インターネット銀行を利用する際には、防犯上の理由により、利用する際に利用者が設定したIDやパスワードが利用する際に必要になります。インターネット銀行を利用する際に、IDやパスワードを忘れてしまうと、利用者の情報ページにアクセスできないため、送金などの取引ができないという事態に陥ってしまいます。そうなった場合、基本的にはインターネット銀行は営業窓口がないため、メール等の連絡手段でカスタマーセンターに連絡を取り、ID、パスワードを再発行する手続きをする必要があります。そのため、ID、パスワードに関しては、登録されたご本人がすぐ分かるものにした方がよいでしょう。

また、インターネット銀行を利用するにあたって一番心配される方が多いであろうことは、ハッキング等でパソコンが不正にアクセスされ口座情報が不正に引き出されることです。インターネット上の取引で預金が不正に引き出された場合、預金者に手落ちがない場合は、全額補償されることは保証されています。しかしながら、補償を受けるためには様々な繁雑な手続きが必要となりますので、そのような被害に遭わないようにパソコンのセキュリティを普段から強化しておく必要があります。

インターネット銀行は既に述べたようにメリットは多くありますが、上記のように注意しないといけない点がありますので、その点を気にかけながら利用する必要があります。