インターネット銀行のメリット

インターネット銀行の特徴の説明の際にインターネット銀行を利用するメリットについては振り込み手数料が人件費を低く抑えられるため、店舗型銀行より安い傾向であることと、預金の金利が高いことについては説明しましたが、インターネット銀行のメリットは、その2点以外にもありますので、その他のメリットについても説明していきたいと思います。

インターネット銀行のメリットの一つとして、インターネット回線を通してのリアルタイム送金が挙げられます。これは、同じ銀行同士であれば、24時間365日いつでも振り込みができるというサービスです。店舗型の銀行では、15時以降の振り込みは、翌営業日以降の扱いになり、15時前に振り込みをしてもすぐに振り込み先の口座には反映されず送金記録はある程度の時間が経ってから反映されます。インターネット銀行の場合、インターネット上で手続きをすれば、即座に相手先口座に反映されます。そのため、急ぎでお金を相手先に振り込むことが必要な場合に、銀行の営業時間に関係なく自宅で振り込みができ、尚且つ相手の口座にすぐに送金が反映されるというメリットがあります。

また、インターネット銀行では、外貨預金や外貨両替がインターネット上で簡単にできるというメリットがあります。外貨預金は元本割れの可能性のあるリスクの伴う話なので慎重に運用する必要がありますが、うまく運用すれば有効な投資になりますし、外貨両替をいちいち銀行窓口に行かずにできるのは大変便利だと言えます。

最後に、インターネット銀行の利点について述べてきましたが、いざインターネット銀行が破たんした場合を心配される方がおられるかもしれませんが、インターネット銀行も店舗型銀行と同様に預金保護のペイオフの対象となっているため、1000万円までなら保証の対象となるため、1000万円までなら安心して預金することができます。

以上のように、インターネット銀行は様々な利点をもった銀行だと言えます。